日本キリスト教団甲子園教会のホームページ


ホームページ



集会のご案内



沿    革



 牧師プロフィール 



甲子園福音



こどもの教会



カレンダー



地    図



お問い合わせ






(2015年7〜12月)      (2016年1〜6月)     (2016年7〜10月)

2016年7月3日発行110号
聖書随想(二〇)「ヘブライ語聖書をめぐる問いA〜教会の場合2〜」

「よこしまで神に背いた時代の者たちはしるしを欲しがるが、ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられない。」

〈マタイ福音書一六章四節〉

 先月の甲子園福音では、教会がヘブライ語聖書をイエス・キリストを預言する書物と解釈して、教会に取り込んでいった話を書きました。
 しかし教会は、単に言葉による「預言」としてだけ、ヘブライ語聖書を受け入れたのではありません。教会は、そこに記されているお話そのものが、イエス・キリストの出来事を指し示していると理解したのです。
 ヘブライ語聖書のお話をイエス・キリストの出来事を予表するものとして理解すること、これを「予型論的解釈」と呼びます。そして、この予型論的解釈の最も有名なものが、冒頭の聖書の言葉です。
 ここでは、預言者ヨナの出来事がイエス・キリストの復活を表すものとして理解されています。なぜならヨナは三日三晩、大魚の腹の中で過ごし、その後大地に吐き出されたからです。そしてそれが、死んで葬られ、陰府にくだり、三日目に復活したイエス・キリストの出来事を表していると理解されたのです。
 もう一つ、新約聖書に書かれているヘブライ語聖書のお話としては、ヨハネ福音書のこういう言葉があります。「モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子も上げられねばならない。」
 これはどんなお話かと言いますと、かつて荒れ野でイスラエルの民が神に不満を言った時、怒った神は炎の蛇を送り込み、多くの人が咬まれて死んだのです。しかし、神に命じられたモーセは青銅の蛇を作り、それを旗竿の先に掲げたところ、その青銅の蛇を見た人々は、炎の蛇に咬まれても死ななかったのです。
 このように、かつてモーセが掲げた青銅の蛇が人々を死から救い出したように、十字架に上げられたイエスが多くの人々に永遠の命を与え、死の滅びから救い出す、というのです。つまり、青銅の蛇はイエスの十字架による救いを予型するものだった、ということです。
 この他にも、アブラハムによるイサク奉献の物語が、父なる神によってこの世に献げられる独り子イエス・キリストの出来事の予型とされたり、モーセによる紅海渡渉も死と復活の予型とされたのです。
 このように、かつての教会の人々はヘブライ語聖書の言葉そのものと共に、その物語の中にもイエス・キリストの出来事を見い出そうとしたのです。  そして、このような予型論的なヘブライ語聖書の解釈は、決して古びたものではなく、現代においても十分に通用するものなのです。
 例えば、前述の紅海渡渉の話には、神が無条件にイスラエルの民を救うという「恵みの先行」が見られますが、これはイエス・キリストの救いにも通じるものです。つまり、紅海渡渉はキリストの救いの先取り(予型)である、ということです。
 「旧約聖書の中には新約聖書がある」、よく言われるこの言葉の確かさを思わせられるのです。
(甲子園教会牧師・むこがわ幼稚園園長 佐藤成美)


2016年8月7日発行111号
日々の想い(四二)「こどもと平和」

 幼稚園で平和についてのお話をする時には、出来るだけ絵本を使うようにしています。ある日のお話で、谷川俊太郎さん文・江頭路子さん絵の『せんそうしない』を読んでみました。
それは次のような内容の絵本です。
  「ちょうちょと ちょうちょは せんそうしない
 きんぎょと きんぎょも せんそうしない
 くじらと くじらは せんそうしない
 すずめと かもめは せんそうしない
 すみれと ひまわり せんそうしない
 まつの き かしの き せんそうしない
 こどもと こどもは せんそうしない
 けんかは するけど せんそうしない
 せんそうするのは おとなと おとな 
 じぶんの くにを まもる ため
 じぶんの こども まもる ため
 でも せんそうすれば ころされる
 てきの こどもが ころされる
 みかたの こどもも ころされる
 ひとが ひとに ころされる
 しぬより さきに ころされる
 ごはんと ぱんは せんそうしない
 わいんと にほんしゅ せんそうしない
 うみと かわは せんそうしない
 つきと ほしも せんそうしない」  
 この絵本を読んだとき、わたしには想像もできなかった反応がこどもたちに起こりました。「ちょうちょと ちょうちょは せんそうしない…」、そうわたしが読み始めたとき、こどもたちはくすくす笑いだしたのです。そして「くじらと くじらは…、すずめと かもめは…」と読み進めて行くうちに、その笑い声はどんどんどんどん大きくなっていきました。
 こどもたちはいったいどんな思いで、笑いはじめたのでしょうか。「ちょうちょとちょうちょは戦争しない、そんなの当たり前だよ」、そう思ったのでしょうか。
 しかしそれまで笑っていたこどもたちの声がぴたりと止まった瞬間がありました。それはわたしが「せんそうするのは おとなと おとな…」と読みはじめたそのときのことでした。そして、それまでの笑い顔とはうって変わって、こどもたちは真剣な顔で、おとな同士が殺し合う、その詩のくだりを聞いていました。
 きっとこどもたちのこころに、この詩の訴えが響いたのでしょう。
 わたしがそのとき思ったことは、谷川俊太郎さんという詩人がどれほどこどもの心に近いところに立っている人かということと、こどもでも戦争の悲惨さ、平和の大切さをちゃんと理解できているのだ、ということでした。
 ですからわたしたちおとなも、語ることをやめてはいけないのだと思います。平和の尊さ、戦争の悲惨さ、武器や基地を持つことの愚かさ、そのことを倦むことなく語り続ける者でありたいのです。
「平和を実現する人々は、幸いである。その人たちは神の子と呼ばれる」。     
(甲子園教会牧師・むこがわ幼稚園園長 佐藤成美)

2016年9月4日発行112号
聖書随想(二一)「ヘブライ語聖書をめぐる問いB〜イエスの場合〜」

「人々はその教えに非常に驚いた。律法学者のようにではなく、権威ある者としてお教えになったからである。」

〈マルコ福音書一章二二節〉

 牧師は何の権威によって説教を語るのか、それは聖書の言葉の権威によってです。牧師自身の知識や経験によってではなく、聖書の言葉の権威を信じ、それを解き明かすことによってこそ、牧師は説教を語ることができるのです。
 イエスの時代の律法学者たちもまた、それと同じでした。律法学者たちは「律法」(=ヘブライ語聖書の中心部分)の権威により頼んで、律法を解き証し、その日常生活への適応を人々に語ったのです。
 しかし、イエスの語る教えは、そのようなものとは全く異なってい ました。イエスは律法の権威によりかかるのではなく、自らが考え、信じていた、その信念に従って、その教えを語ったのです。
 ですから、時にはそのイエスの教えは、律法に反するものとなりました。(例えば、安息日における労働の問題等)そしてそのためにイエスは、律法学者やユダヤ教の指導者たちから異端視され、律法違反者とされて、遂にはローマへの反逆者のレッテルを貼られて、ローマ人の手で死刑に処せされるのです。
 ではイエスは、その「権威」ある教えによって、律法を否定しようとしたのでしょうか。ユダヤ教を超える新宗教(キリスト教)を打ち立てようとしたのでしょうか。
 イエスが為さろうとしたことは、そのようなことではありませんでした。イエスはあくまでもひとりのユダヤ教徒に留まろうとしたのであって、新宗教(キリスト教)の開祖になろうとはしなかったのです。
 ではイエスが為さったことは何だったのか。それは、その当時の形骸化したユダヤ教の内実を問うことでした。
 律法遵守を説きながら、実は律法の根底に流れている神様の愛を見失っているユダヤ教の指導者たち、そしてそのために、「罪人」と呼ばれる人たちや病気の人たち、悪霊に憑りつかれた人たちなど、多くの人たちが、ユダヤ人の共同体から排除され、苦しみや悲しみを背負わされて生きていました。
 イエスはそのような排斥された人たちに目を向けて神様の愛を語り、そのような人たちと共に生きようとされたのです。
 そのようにしてイエスは、律法を否定するのではなくて、その当時見失われていた、律法そのものの精神である愛を取り戻そうとしたのです。
 そしてそのことを、イエスは恐れず、ひるまず、神様の御旨に適ったことと信じて、教えました。それは、イエスと神様との間に、祈りによる絶え間のない交流があったからこそ、できたことだったのでしょう。だから人々は、そのイエスの語る言葉に、律法学者にはない「権威」を感じとったのです。
 見失われていた神様の愛を取り戻そうとした、そのイエスの権威ある教えに、わたしたちももう一度目を向けてみたいのです。」       
(甲子園教会牧師・むこがわ幼稚園園長 佐藤成美)

2016年10月2日発行113号
聖書随想(二二)「ヘブライ語聖書をめぐる問いC〜パウロの場合〜」

「では、どういうことになるのか。律法は罪であろうか。決してそうではない。しかし、律法によらなければ、わたしは罪を知らなかったでしょう。」

〈ローマの信徒への手紙七章七節〉

 よく知られているように、パウロという人はかつてユダヤ教のファリサイ派の一員でした。エルサレムの律法学者ガマリエルのもとで律法を学んだ、と言われています。
 「ファリサイ」という言葉はもともと「分離者」という意味で、律法に即した正しい生活をすることによって、律法に無知な人、関心のない人から自分自身を「分離」させようとした人たちのことでした。
 ただし彼らはプロの宗教家ではなくて、その大半が職人、農夫、商人などの一般的な職業についている人たちでした。パウロ自身もテント職人だったのです。
 ではファリサイ派として律法を守ることに熱心だったパウロが、一体どうして「律法によらなければ、わたしは罪を知らなかったでしょう」などと書くようになったのでしょうか。律法によってパウロが知った「罪」とは、一体どのようなものだったのでしょうか。
律法によってパウロが知った「罪」、それは一言で言えば傲慢の罪でした。パウロはこのように語ります。「だから、すべて人を裁く者よ、弁解の余地はない。あなたは、他人を裁きながら、実は自分自身を罪に定めている。あなたも人を裁いて、同じことをしているからです。」(ローマ二・一)
 パウロ自身が律法を熱心に守る中で気付いていったこと、それは、律法を守らない人や守れない人を見下し、裁いてしまっている自分がいる、という事実でした。
 そのようにしてパウロは、律法を守ることに熱心になればなるほど、自分を誇り、他者を見下す傲慢な自分、神様からの誉れではなく、人からの誉れをむさぼり求める自分の「罪」を知らされていったのです。
 だからパウロはまた、こうも書くのです。「こういうわけで、律法は聖なるものであり、掟も聖であり、正しく、そして善いものなのです。」(ローマ七・一二)
 問題なのは律法ではなく、人間の内に宿る「罪」なのだ、だから、その内側に「罪」を宿している限り人間は、聖であり、善きものである律法を本当の意味で守ることはできない、つまり、律法によっては人は救われない、これがパウロの至った結論だったのです。
 そんなパウロがダマスコ途上で出会ったのが、十字架と復活のイエス・キリストでした。そして、人は行いによってではなく、ただそのイエス・キリストを信じることによって義とされることを、エルサレム教会を通して知らされたパウロは、律法遵守を掲げるユダヤ教ファリサイ派としてではなく、キリスト教徒として歩み始めたのです。  
(甲子園教会牧師・むこがわ幼稚園園長 佐藤成美)

2016年11月6日発行114号
聖書随想(二三)「ヘブライ語聖書をめぐる問いD〜マタイの場合〜」

「夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひそかに縁を切ろうと決心した。」

(マタイによる福音書一章一九節)

 聖書の中には四つの福音書がありますが、それぞれに描かれているイエス・キリスト像は異なっています。それは、各福音書の著者が、自分(或いは自分達の教会)にとってイエスとはどのような救い主であるのかを描こうとしているためです。
 では、マタイによる福音書においては、イエス・キリストはどのような救い主として描かれているのでしょうか。
 そのことは、マタイ福音書五章に出て来る山上の説教のイエスの言葉に示されています。「わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためだと思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである。」
 このようにマタイは、「律法の完成者」としてのイエス・キリスト像をその福音書で描こうとしているのです。では、イエスは一体どのようにして律法を完成させると、マタイは言うのでしょうか。
 そのことを端的に表しているお話が、実は福音書冒頭にある降誕物語のヨセフへの夢のお告げのお話です。
 ここで夫ヨセフは「正しい人」と言われています。イエスの時代、ユダヤの社会において「正しい人」とは、神の教えである律法を厳格に守っている人のことを指していました。そして、もしマタイが言う「正しい人」がそのような意味のものであるならば、ヨセフもまた「正しい人」として律法に従い、自分と関係を持たずにこどもを宿した許嫁のマリアを告発し、そのお腹のこども共々、石打の刑に処さなければならなかったはずなのです。
 しかし、ヨセフはマリアとそのこどもを、律法に従って裁くことをしませんでした。それどころか彼は、この出来事が公にならないように、秘かにマリアを去らせようとしたのです。
 そして、そのようなヨセフの「正しさ」によって、イエス・キリストはこの世に誕生することになるのです。
 このように、マタイの語る「正しさ」とは、律法を厳格に守る正しさではありません。そうではなくて、その「正しさ」は、たとえ律法を破ることになっても、その相手を憐れみ、慈しむという正しさ、つまり愛に従って生きる正しさのことだったのです。
 そして、そのような愛の「正しさ」をその生涯をかけて表し、本当の意味で律法を完成させた方こそが、マタイにとってのイエス・キリストだったのです。
 ですから、マタイにとって律法は、単に否定されるべきものなのではなく、イエスがそうなさったように、愛によって完成されるべき、キリスト者の目標だったのです。
(甲子園教会牧師・むこがわ幼稚園園長 佐藤成美)

2016年12月4日発行115号
聖書随想(二四)「ヘブライ語聖書をめぐる問いE〜マルコの場合〜」

「安息日に律法で許されているのは、善を行うことか、悪を行うことか。命を救うことか、殺すことか。」

(マルコによる福音書三章四節)

 これは、ある安息日に、手の萎えた人を癒したイエスが語られた言葉です。
 ここに表れているように、マルコ福音書におけるイエスは、単に律法を破るというのではなくて、律法本来の精神である神の愛を踏まえながら、たとえその行為が形としては律法に抵触しても、人々を救うのです。
そのような場合、イエスが特に問題にしたのが、「昔の人の言い伝え」と呼ばれるものでした。
  「昔の人の言い伝え」とは、律法を毎日の生活に適応するために、律法学者によって作り上げられた教えのことです。当時、ユダヤ人たちは、その教えをまるで律法そのもののように守っていたのです。
  しかしイエスは、そのような律法学者に向かって、このように言いました。「あなたたちは自分の言い伝えを大事にし、よくも神の掟をないがしろにしたものである。…こうして、あなたたちは、受け継いだ言い伝えで神の言葉を無にしている。また、これと同じようなことをたくさん行っている。」
 律法の根底に流れている神の愛を大切にする、このようなイエスの姿が最もよく表れているのが、次の言葉です。「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』…『隣人を自分のように愛しなさい。』この二つにまさる掟はほかにない。」
 そしてマルコ福音書では、このようなイエスの愛の尊重の姿は、ユダヤ人にだけではなくて、異邦人にも及びます。  ギリシア人の女が、自分のこどもからの悪霊追放を願い出た時、イエスは「まず、子供たちに十分食べさせなければならない。子供たちのパンを取って、小犬にやってはいけない」と言われます。つまり、自分はイスラエルの民(=子供)のために遣わされた者であり、その救いを異邦人(=小犬)には与えない、というのです。
 しかし、そのようなイエスの態度は、ギリシア人の女の謙虚で信頼に満ちた応答によって一変します。そしてイエスは、それまでご自分が認めていなかった異邦人の救いを実行されるのです。出会いがイエスを変えたのです。 マルコ福音書の描くイエス、それは、生身の人間としてのイエスです。その生身のイエスが、社会の周縁で苦しむ様々な人々と出会い、その中で相手に問われ、悩み、祈り、その結果として、型通りの律法遵守ではない、神の愛を示すイエスの救いがこの世に表れ出ていったのです。
 そして、マルコの描くこのようなイエスの姿は、実在のイエスの姿にきわめて近いものだったように、わたしには思われるのです。
 マルコ福音書を通して、様々な人々と出会い生きる、生身のイエスにもっともっと出会うことが出来ればと願います。
(甲子園教会牧師・むこがわ幼稚園園長 佐藤成美)

○ 主日礼拝:日曜日 午前10:30
○ 祈祷会:年間 水曜日 午後 7:30、第一木曜日 午前10:00
○ 教会学校:日曜日 午前9:00 こども科・中高科
○ 求道会:適宜
□ 付属 学校法人 武庫川幼稚園   TEL:0798-67-3002   

牧師:佐藤成美 日本キリスト教団 甲子園教会
〒663-8102 西宮市松並町9-4
TEL:0798-65-7288
FAX:0798-65-7291
福音電話:0798-65-4692
郵便振替:00920-3-123387